《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック


《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。




《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:04 12 2018

基礎代謝を上げることが、
減量成功への近道のようですね。

基礎代謝を高めるには、いくつかの方法があります。

まず、
筋肉量を増やすことで基礎代謝を高めることができます。
出来ることから始めて、
適度な運動で脂肪を燃焼しやすい体づくりを心がけましょう。

例えば…
日頃から姿勢を正し無駄な脂肪をつけないようにする
ラジオ体操やラジオ体操などで筋肉をつける
エスカレーターを使わずに階段を使う
連日30分程度歩く
…といった感じです。

ところで、皆さんは、
夏より冬のほうが
基礎代謝が高くなるって知っていますか?

夏は気温が高く、
体の中の熱を発散させて
体温を下げようとするので、基礎代謝は低くなります。

逆に冬は冷えた体を暖めようと
熱を産出するので、基礎代謝が高くなるのです。

このように
基礎代謝には体温を維持するエネルギーが含まれるので、
体温を上げてそれを維持しようとすることで高まります。

ですから、
冷え性は大敵です。
冷え性の方は、お腹まわりや足首を冷やさないようにしたり、
お風呂に入って体を温めたりして
冷え対策をしてみてくださいね。

また、
食事をすると安静にしていても代謝が高まり、
エネルギーを発生します。

食事を抜いてしまって低栄養の状態になると、
体の細胞の活動力が減退し
基礎代謝は低下してしまいます。

特に冬は、
体を温めてくれる作用のある
唐辛子や生姜、ネギ、根菜などを
料理に取り入れると効果的です。

食事は1日3食きちんととり、
とくに午前中食をしっかりと食べると、
体温が上昇し、基礎代謝アップにつながりますよ。



《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人
《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック
《レーシック情報》エキシマレーザーを使用するレーシック
《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例
《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる
《レーシック情報》レーシックの種類によって適正が異なる
《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
《レーシック情報》治療費用でクリニックを比較しよう
《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)裸眼で見えるようになるレーシック