《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック


《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。




《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:13 10 2018

去年のクリスマスイブは夫もぼくも休日。

それまでなかなか休みが合わなかった事もあり、
「当日は、お子さんのプレゼントを買いに行って、
帰宅後は、ささやかなパーティかな?」などと
予定を立てていたのでした。

ぼくの飲み会や仲間との会合予定もあり、
「年末ってホントに忙しい」と思いながら、
若干ウキウキしていた数日間…

そんなある日のよる、
いつものようにお子さんを寝かしつけて数時間…

「うーん、うーん」と
寝つきが悪い時の小さなグズる声が聞こえます。
そんな時は手を握って背中をトントンして…と。
案の定、すぐ寝入りました。

が、またすぐ泣き声に近い声が、またトントン。
そんな事を数回繰り返したでしょうか。

さすがに「これはおかしい」と思い、
半分眠ったままのお子さんを抱き上げると、
いつもせがむダッコを嫌がり「エーン」と苦しそう…

そしてからだを反転しながらノドの奥で「グッグッ」と変な音!
「んっ?吐くのか?!」とタオルで身構えた瞬間
「ゲホッ」とお子さんの人生初の嘔吐の瞬間に立ち会いました。

その後も様子を見ていると、
また1時間後に「エーン」→「ゲボッ」

これは、一時的なものではないと判断し病院へ。

先生曰く、「胃腸炎と風邪が併発した」との事。
飲み薬や吐き止め薬をもらってひと安心。

そして、クリスマスイブイブの日…
今度は夫が夜中に腹痛!
どうもお子さんのがうつったようで、感染性胃腸炎に…

ぼくも寝不足と疲れで、食欲がなくなって…
そんな事をしているうちに、
アッという間にクリスマスイブ?!
予約していたショートケーキも食べられませんでした。

世の中がきらびやかであればあるほど、
自分たちの苦しさが大きいような気がする、
切ないクリスマスでした。


《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人
《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック
《レーシック情報》エキシマレーザーを使用するレーシック
《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例
《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる
《レーシック情報》レーシックの種類によって適正が異なる
《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
《レーシック情報》治療費用でクリニックを比較しよう
《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)裸眼で見えるようになるレーシック