《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例

《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例


《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例
誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。 レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。
レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。






《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:20 6 2019

今年も雪の季節がやってきた。
あたしはこの季節になると、いつも思い出すことがある。
もう40年以上も昔のことである。

その頃、
我が家は決して裕福ではなかった。
秋の稲刈りが終わると、
お父さんはいつも都会へ出稼ぎに行っていた。

雪が降りだすと
お子さんたちはみんな雪の中で遊んだ。

裕福な家のお子さんは買ってもらった本物のスキーで遊んだ。
あたしたちは自分で竹を割ってスキーを作り、手製のスキーで遊んでいた。
それでも、
お子さん心に本物のスキーで遊ぶお子さんたちが羨ましかった。

ある時、一度だけママに
「本物のスキーを買って欲しい」
と言ったことがある。

言っても無駄だとは分かっていた。
が、ママは意外に
「成績がクラスで5番以内になったら、買ってやってもいいよ」
と答えた。

当時のあたしの成績は、クラス40人中でいつも20番前後…
5番はおろか10番以内に入ることも絶対不可能だと思った。
恐らくママも同じように思っていたのだろう。

ところが、2学期の通知表を見ると、
あたしの成績はなんとクラスで「2番」になっていたのである。

あたしは、家に帰り通知表をママに見せると、
「3学期も頑張りや」と言っただけで、あとは何も言わなかった。
あたしもスキーのことは何も聞かなかった。

あれから、もう40年あまりが経った。
あの時、ママは本当にスキーのことは忘れていたのだろうか。
一度確かめてみたい気がする。

だが、
4年前にママは88歳で逝ってしまった。
いつの日にか、
またあの世でママに会った時には
聞いてみようと思う。

《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例

《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人
《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック
《レーシック情報》エキシマレーザーを使用するレーシック
《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例
《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる
《レーシック情報》レーシックの種類によって適正が異なる
《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
《レーシック情報》治療費用でクリニックを比較しよう
《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)裸眼で見えるようになるレーシック