《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人

レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
これは事前の検査で判明しますので、担当医の決定に従うこととなります。
レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックは、とても敏感な部分である目を取り扱うため、どうしても治療を受けられる人に制限が出てきてしまうのです。

 

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
さらに角膜疾患を起こす可能性のある薬を飲んでいる方も断られてしまうことになります。



《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人ブログ:09 12 2018

シェイプアップをしようと考えている読者様、
もしかするとシェイプアップというのは、
特別なことだという感覚を持っていませんか?

食事制限をするとか、
トレーニングを日々やらなきゃならないとか…

しかし
普段の行動をきちんと行うことによっても、
シェイプアップに一定の効果が期待できるんですよ。

例えば、歯磨きをすること。

歯磨きとシェイプアップ…
一見すると「?」な関係のように見えますが、
この両者には意外と強い結びつきがあるのですよ。

読者様は、食事をした後に歯磨きをしていますか?
一日に一回しか歯磨きをしないということはありませんか?

そこで、僕が提案したいのは、
毎食後に歯磨きをする習慣を身につけてみませんか?
ということです。

歯磨きする程度なら、
別につらいシェイプアップとは言えませんよね?

例えば…
夕方食を食べた後、
「今日○○を買ってきたんだけど食べる?」
なんて姉から言われたとします。

もし、大好きなおやつならきっと
「食べる!」と言って食べてしまうでしょう。

ところが
歯磨きをする習慣がついていたらどうでしょう。

せっかく歯磨きをしたのに、また歯を汚すようなことは
正直したくありませんよね?

食事をした後に歯を磨く習慣をつけておけば、
おやつを食べた後に、
また歯を磨かなければなりません。

これってちょっと面倒ですよね?

だったら
「今日はいいや、次の日の7時にでも食べることにしよう」
って思うのではないですか?

これだけでも、
以前なら食べていたおやつの分のカロリーを
カットすることにつながっていくんではないでしょうか?