《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例

誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。 レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。
レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。

 

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。



《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:16 1 2019

減量でリバウンドしないためには、
リバウンドの原因を理解しておきましょう。

減量のリバウンドとは、
せっかく減った体重が戻ってしまったり、
さらに減量前よりも体重が増えてしまう状態です。

せっかく痩せてきれいになろう…と始めた
減量なのに、逆効果になってしまっては大変!!

そんな減量の敵である
リバウンドを引き起こさない為に
きちんとした減量計画を立てていきましょう。

減量で
リバウンドが発生する大きな原因の一つとして
基礎代謝力の低下があります。

基礎代謝というのは、
おれたちが生きていくために最低限必要なエネルギーです。
常に使われているエネルギーなので、
寝ているときでも消費されているのが基礎代謝です。

人間の体には、
環境の変化に適応する能力が備わっています。

なので、
食べる事制限によって摂取カロリーを減らしたり、
体重が急激に減少することによって、
そういった環境に体を対応させるために
エネルギー消費量を減らしたり、
筋肉量や骨量を変化させたり…と
体のほうが変化していきます。

このような状態になると
停滞期といって、減量を続けても
体重が減らない状態になってしまいます。

そうなると
つい減量を断念してしまうという人も
少なくありません。

エネルギー消費量が以前より減少している状態のときに
減量をやめて、
以前と同じ摂取カロリーに戻してしまうと
当然のことながら体に脂肪が蓄積されてしまいます。

ですから、
減量でリバウンドしないためにも、
停滞期を乗り切ることが大切なんです!